Home > 自動車取得税

自動車取得税

自動車取得税とは、その課税標準額(取得価額)が50万円を超える自動車を取得した場合に課税される税金のことです。

滋賀県では、自動車登録の際、自動車税事務所に申告書の提出と併せて「自動車取得税証紙」を購入することにより納めます。

納税義務者

納税義務者は、自動車を取得された方です。ただしローンで購入した場合等で所有権がまだ売り主にある場合は、買主である使用者が納税しなければなりません。

自動車取得税の計算

自動車取得税は以下のように算出します。

● 自家用自動車の場合、課税標準額(取得価額)の5%
● 営業用自動車・軽自動車の場合、課税標準額(取得価額)の3%

課税標準額には、自動車に取り付けられたカーナビ等の付加物の価額も含みます。

<計算例>
課税標準基準額が100万円の新車に20万円のカーナビを付けて自家用自動車を購入(100万+20万円)×5%=6万円

なお中古車については、課税標準基準額に初度登録年からの経過年数に応じた残価率を乗じて計算した金額をもとに、自動車取得税を計算します。

↑ページ先頭へ お問い合わせ

スポンサード リンク

★滋賀で車庫証明、自動車登録(名義変更)代行は渡辺慶行政書士事務所★
渡辺慶 行政書士事務所 事務所案内はこちら
〒528-0025 滋賀県甲賀市水口町西林口4-22
電話:0748-70-2001 携帯:090-4109-7067 (受付時間 9:00~19:00 土日祝可)

Home > 自動車取得税

スポンサード リンク

相互リンク

Return to page top